[ 自動車・輸送機 ]

仏ATR、日本市場開拓 ターボプロップ機100機納入目指す

(2017/10/11 05:00)

フランスの航空機メーカー、ATR(トゥールーズ)のクリスチャン・シェーラー最高経営責任者(CEO=写真)は10日、都内で会見し、2025年までに日本市場でターボプロップ機100機の納入を目指すことを明らかにした。リージョナルジェット機に比べて短距離の燃費性能が良く、小規模空港でも離着陸できる特性を訴求し、受注獲得を狙う。

ATRはイタリアのレオナルドと欧エアバスの合弁会社。これまでにターボプロップ機1200機を各国の航空会社に納入しており、同機の世界シェアは75%という。日本では天草エアライン(熊本県天草市)と日本航空(JAL)グループの日本エアコミューターが採用。老朽機の更新や、離島間や地方間の路線に需要を見込んでいる。

ターボプロップ機は機体などに設置したプロペラを、ジェット排気により回転させるタイプの航空機。

(2017/10/11 05:00)

機械・航空機 1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原材料から金属製品ができるまで 
図解よくわかる金属加工

原材料から金属製品ができるまで 図解よくわかる金属加工

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動
短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

ちっちゃな「不」の解消から始めるカイゼン活動 短期間で成果を出して勝ちグセをつける!

きちんと知りたい! 
モータの原理としくみの基礎知識

きちんと知りたい! モータの原理としくみの基礎知識

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計>
上司と部下のFAQ:設計実務編

メカ機構の課題って、どない解決すんねん!<締結・回転・リンク機構設計> 上司と部下のFAQ:設計実務編

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる