[ 科学技術・大学 ]

【電子版】小惑星2012 TC4、地球から4万キロまで接近 きょう午後に通過(動画あり)

(2017/10/12 19:00)

東大・木曽観測所が撮影成功

 5年前に発見された直径15~30メートルの小惑星が12日午後2時40分ごろ、地球の南極から約4万2000キロまで最接近し、無事通過した。日米欧などの天文台が地球に衝突する恐れのある小惑星を監視するテストケースとして集中的に観測した。東京大の木曽観測所(長野県木曽町)は11日夜に撮影した画像をホームページで公開した。

  • 東大・木曽観測所が11日夜に口径105センチで撮影した小惑星「2012 TC4」(写真左上から右下へ移動する白い点。動画を32秒ごとに切り出して重ねた)(東大・木曽観測所提供)

 小惑星「2012 TC4」は2012年10月に米ハワイ大のパンスターズ望遠鏡で発見され、太陽の周りを約1年8カ月かけて回っている。最接近時の距離は気象衛星「ひまわり」などの静止衛星より遠いが、大きさは13年2月にロシア・チェリャビンスク州上空で爆発した隕石(いんせき)と同程度だった。

 木曽観測所は視野が広い口径105センチの望遠鏡を使い、11日午後8時40分ごろから約25分間、みずがめ座の方向で小惑星を撮影した。

 望遠鏡は高性能カメラを取り付け始めたばかりで、約1年後に完成する予定。東大の大沢亮特任助教は「地球の近くにある小惑星のうち、見つかっているのは一握り。完成すれば木曽観測所で発見できるようになる」と話している。(時事)

(2017/10/12 19:00)

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる