[ 科学技術・大学 ]

KAGRA稼働「重力波天文学の始まり」-欧米の重力派観測で国立天文台など会見

(2017/10/18 05:00)

  • 中性子星の合体イメージ(国立天文台提供)

米欧の研究グループが「中性子星」同士の合体による重力波を観測したことを受け、これを手がかりに光などの観測に成功した日本の国立天文台などの研究者が17日、東京・本郷の東京大学で会見した。国立天文台ハワイ観測所の吉田道利所長は「重力波研究の第一歩」と評価しつつ、「日本の重力波望遠鏡『KAGRA』(かぐら)が稼働すれば重力波源天体の位置精度が1ケタ向上する。本当の意味での重力波天文学の始まりだ」と述べた。

重力波は時空(時間と空間)の歪(ゆが)みが伝わる現象。地球から1・3億光年離れた中性子星同士の合体による重力波は、8月に米国と欧州の重力波望遠鏡であるLIGO(ライゴ)とVirgo(バーゴ)がそれぞれ検出した。

この知らせを受け、日本などの研究グループは重力波の発生源に望遠鏡などを向け、中性士星が合体する際に光る現象「キロノバ」をとらえ、その明るさの変化を調べることに成功した。

この現象から、中性子星が合体する際に金や希土類(レアアース)など今まで生成過程が謎だった宇宙での重金属合成が行われている可能性を示した。

日本の研究グループは、国立天文台のすばる望遠鏡が持つ「ハイパー主焦点カメラ」(HSC)を中心に、名古屋大学所有の南アフリカの「IRSF望遠鏡」などの観測網で重力波源を追跡観測した。理論計算には国立天文台のスーパーコンピューター「アテルイ」を利用した。

今回の観測には日本など70以上の天文台が参加している。重力波とほぼ同時に発せられた光などの電磁波を観測する「マルチメッセンジャー天文学」の進展が期待できる。

(2017/10/18 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる