[ 自動車・輸送機 ]

東京モーターショー/トヨタ、FCV・FCバスのコンセプト車

(2017/10/19 05:00)

トヨタ自動車は18日、東京・有明の東京ビッグサイトで27日に開幕する「第45回東京モーターショー」に、燃料電池車(FCV)とFCバスのコンセプトカーを出展すると発表した。FCVは6人乗りで、航続距離はJC08モードで約1000キロメートルを実現した。FCバスは市販型が2018年の発売予定で、20年の東京五輪・パラリンピックに向け東京都を中心に100台超が導入されるコンセプトモデルを披露する。

FCVのコンセプトモデル「ファイン・コンフォート・ライド=写真上」はダイヤモンド型キャビンを採用し、2列目シートの空間と空力性能を大きくした。インホイールモーターやタイヤの四隅配置、ボディー下をカバーで覆うことで走行安定性と静粛性を高めている。

シートは向かい合わせにできるなど調整が柔軟で、移動以外の価値提供も意識した。エージェント機能やタッチディスプレーも搭載。全長は4830ミリ×全幅は1950ミリ×全高は1650ミリメートル。

FCバスのコンセプトモデルは「SORA(ソラ)=同下」。自動格納機構付き横向きシートや、高精細カメラによるバス周辺監視機能、加速制御機能、バス停から隙間を開けずに停車する自動正着制御など日本初の機能をふんだんに盛り込んだ。

(2017/10/19 05:00)

自動車のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる