[ トピックス ]

深層断面/相次ぐ発火事故…リチウム電池、安全対策は?

(2017/10/20 05:00)

メーカーとユーザー、一緒に防ぐ意識を

ソニーが世界で初めて商品化してから26年。リチウムイオン電池の存在感は年々増している。パソコンや携帯電話、電気自動車(EV)向けなど用途は広がり、最近では民生部門にとどまらず、電力供給などインフラ分野への応用も見込まれている。用途拡大、高性能化という期待が大きい半面、相次ぐ発火事故といった「負の側面」も問題視されている。リチウムイオン電池は安全か―。事故の原因を分析しながら、その安全性を検証する。(福沢尚季)

原因特定難しく “劣化の予兆”注意

製品評価技術基盤機構(NITE)の酒井健一専門官は「容量が大きくなるとショートが起きて発火につながる事故は起きやすくなる。だが発火事故は電池の製造工程上の不具合で発生するため、大容量化が事故の原因ではない」と話す。

(残り:2,277文字/本文:2,677文字)

(2017/10/20 05:00)

Journagram→ Journagramとは

深層断面のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる