[ 自動車・輸送機 ]

スバル、リコール40万台に−無資格検査、対象車の範囲見直し

(2017/11/10 05:00)

SUBARU(スバル)は9日、無資格の従業員が国内向け車両の完成検査に携わっていた問題で、リコール(無料の回収・修理)対象車が当初見込んでいた25万5000台から約40万台に増える見通しだと発表した。対象車の範囲を見直して台数を精査したため。リコールを含めた対応費用は従来見込みの100億円から増える見通し。

従来は2017年10月3日以前に生産され、初回の車検を受けていない車両のうち、無資格者が完成検査に携わった車両を対象としていた。今回、同社で「顧客の安心感を優先するべきだ」(広報部)と判断し、正規検査員のみの完成検査を受けたとみられる車両もリコール対象に含めた。国土交通省へのリコール届け出は11月中旬の予定。

また10月3日以前に完成検査を受けた車両で、登録を停止している車両について11月10日から登録を再開する。対象車は販売店が在庫として抱える車両1193台で、販売特約店での検査を行った上で順次登録する。

(2017/11/10 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる