[ オピニオン ]

産業春秋/元号の置き換え

(2017/12/7 05:00)

「新技術を2019年内に実用化する」という企業の事例を、自治体の小冊子に記載することになった。『年の表記は和暦で』と指定され、元号を使う。そこで戸惑った。単純に「平成31年内に」と書き換えていいか。

政府は8日の閣議で、天皇陛下の退位を19年4月30日にする政令を決める。新しい元号は翌日の5月1日から。となれば平成31年は4カ月だけになる。

実用化の時期が5月以降なら冊子は誤表記だと不快に思われないか。親しい経営者に意見を求めると「いま発行される運転免許証の有効期限は実際には来ない平成32年や34年だが、誰も警察に文句は言わないだろ?」と笑い飛ばされた。

大正天皇は12月25日に死去されたので、昭和元年は年末までの6日間。昭和最後の64年は、昭和天皇が死去された1月7日まで。極端に短いので、実用上は前後の大正15年と平成元年に含めて記述することが多い。法的にも改元は、事後に頭の中で置き換えれば有効なのだとか。

問題は改元後だ。元号入力を西暦に自動的に置き換えるソフトは修正が必要。「平成」と印刷してある便箋や届け出用紙は修正印では格好が悪く、出来れば使い切りたい。残り1年半足らずは、長いような短いような。

(2017/12/7 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる