[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米GM、EV・自動運転技術をキャデラックで先行導入へ

(2018/1/16 10:30)

  • キャデラックは今後、GMのテクノロジーをリードするブランドの位置付けになるという(キャデラックの「エスカーラ コンセプト」、ブルームバーグ)

 高級車ブランドのキャデラックは世界販売が過去最高に上る可能性がある今年、米ゼネラル・モーターズ(GM)のハイテク製品ラインとしての歴史的役割を再び担う。

 GMは中国での急成長を踏まえ、キャデラックが向こう10年で新しい電気自動車(EV)や自動運転車を投入していくのに適したブランドだと考えている。キャデラックのヨハン・ダ・ネイシン社長がデトロイトで開催中の北米国際自動車ショーでのインタビューで明らかにした。

 同社長によると、2023年までにGMが世界で販売する計画のEV全20車種のうちキャデラックは「過当な割合」を占めることになる。キャデラックは最初のEV発売から数年後には、何らかの種類の自動運転車も製品ラインアップに加えるという。

 同社長は「キャデラックは将来、GMのテクノロジーをリードするブランドになる。テクノロジーはキャデラックでまず導入され、その後に他のブランドでも採用していく」と説明した。

 EVを重視する取り組みの一因には、キャデラックの中国市場での急成長と、中国政府がバッテリーで駆動する車種の増加を求めていることがある。ダ・ネイシン社長はブルームバーグ・テレビジョンとのインタビューで、今年の中国販売が20万台を超える見通しを示した。予想通りなら昨年の51%増に続いて14%程度の伸びとなる。

 キャデラックの17年の販売台数は過去2番目の高水準で、世界全体では約16%増の35万6000台強だった。中国は世界販売台数の半分強を占めた。(ブルームバーグ)

(2018/1/16 10:30)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる