[ 科学技術・大学 ]

名大、線虫の摂食行動を制御する仕組み解明−過食・拒食症治療に道

(2018/1/22 05:00)

  • 図下:線虫頭部の蛍光写真。咽頭(赤色)と体壁筋(緑色)(いずれも名古屋大学提供)

【名古屋】名古屋大学大学院理学研究科の高木新准教授らは、モデル動物の線虫が摂食行動を制御する仕組みを解明した。体の移動運動をつかさどる体壁筋の運動を抑えると、摂食器官の運動も止まった。

高等動物の摂食を調節する神経や内分泌機構の解明、肥満や過食症、拒食症などの治療につながる。

線虫で藻類由来などのたんぱく質を光照射で活性化し、体壁筋の活動を沈静化させた。それに伴い移動運動や咽頭運動が止まり、咽頭運動の抑制は数十秒続いた。光照射を止めると体壁筋は活動を回復する。

体壁筋の緩み状態を感知する器官が抑制信号を発生させる可能性が高いという。体壁筋の沈静化の情報は、神経系と内分泌系の二つの経路で咽頭に伝わることが分かった。

研究成果は米科学誌プロス・ジェネティックスに掲載された。

図下:線虫頭部の蛍光写真。咽頭(赤色)と体壁筋(緑色)(名古屋大学提供)

(2018/1/22 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン