[ 化学・金属・繊維 ]

三菱ケミ、車載電池向け電解液 20年度めど生産2.8倍

(2018/1/23 05:00)

三菱ケミカルは2020年度をめどに、リチウムイオン二次電池用電解液の生産能力を現状比2・8倍の年12万トンに増強する。欧米など海外工場中心に増設や設備改良を行う。総投資額は100億円規模の見通し。主要国での環境規制強化や新政策により電気自動車(EV)など電動車シフトが加速する。スマートフォンなど民生用途は中国勢に席巻され、ここ数年は厳しい環境だった。車載用途の本格化で負極材を含む電池材料で攻めに転じる。

三菱ケミカルは車載用途のリチウムイオン二次電池の電解液で世界シェア4割の最大手。日本を含む現状の能力は年4万3500トン。段階的に米国で、電解液の生産能力を、現状比3倍の年3万トン程度まで引き上げる。同国内のEVメーカーの生産動向を見ながら、テネシー州メンフィス市の既存工場を増強する。

英国では停止していたストックトンオンティーズ市の工場を今春に、再稼働させる。韓国の電池大手が相次...

(残り:427文字/本文:827文字)

(2018/1/23 05:00)

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

ソーラー・デジタル・グリッド
卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

ソーラー・デジタル・グリッド 卒FITで加速する日本型エネルギーシステム再構築

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

製造業のための 
目標原価達成に必要なコスト見積もり術

製造業のための 目標原価達成に必要なコスト見積もり術

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる