[ 金融・商況 ]

【電子版】NY株が急反発、ダウ500ドル以上の大幅上昇

(2018/2/7 07:00)

  • 6日のNY株価。取引開始直後に大きく下げたが、ダウ工業平均、S&P500種、ナスダック総合指数ともに前日終値に比べ2%前後戻している(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)6日の米株式相場は大幅反発。前日までに売りを浴びた業種に買いが戻り、S&P500種株価指数は1年3カ月ぶりの値上がり幅となった。一方、米国債は反落。10年債利回りは後半の取引で上げ幅を拡大した。

ハイテクや素材、消費者関連の銘柄が買われ、株価指数を押し上げた。ダウ平均はこの日、2年ぶりの大幅上昇。ダウ・デュポンとホーム・デポの上昇が大きく寄与した。日中の値動きは荒く、寄り付きでは500ドル余り下落していた。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種が前日比1.7%高の2695.14。ダウ平均は567.02ドル(2.3%)上げて24912.77ドル。米国債市場では10年債利回りが10ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し2.80%。

ニューヨーク原油先物市場のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は続落。2週間ぶりの安値水準をつけた。株式相場につられる動きとなった。米エネルギー情報局(EIA)が7日に発表する原油在庫は増加が予想されている。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比76セント(1.2%)安の1バレル=63.39ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント4月限は76セント下げて66.86ドル。

ニューヨーク金先物相場は続落。米株式相場が落ち着きつつある兆しを背景に、価値保存手段としての商品の需要が減退した。ニューヨーク時間午後2時22分現在、金スポット相場は前日比0.8%安の1オンス=1328.38ドル。一時は0.5%上昇する場面もあった。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物4月限は0.5%安の1329.50ドルで終了した。

原題: Stocks Recover From Rout With Best Day Since 2016: Markets Wrap(抜粋) Treasuries Pressured Lower as Stocks Stage Comeback, VIX Slides(抜粋) Crude Slips to Two-Week Low as Price Moves Follow Equities(抜粋) Gold Falls as Rate Concerns Resurface With Equities Rout Easing (抜粋)

(2018/2/7 07:00)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる