[ トピックス ]

【電子版】外国人駐在員の給与、首位はインド・ムンバイ、全世界平均の2倍2300万円

(2018/3/4 13:00)

ムンバイの外国人駐在員はキャリアが高い水準にあり、転勤手当や給与もそれに比例した相応しいものになるためだという(ブルームバーグ)ムンバイの外国人駐在員はキャリアが高い水準にあり、転勤手当や給与もそれに比例した相応しいものになるためだという(ブルームバーグ)

 インドの金融・商業・娯楽の中心地であるムンバイは、外国人駐在員の給与の世界都市別ランキングで首位に立った。HSBCバンク・インターナショナルの調査で分かった。

 HSBCエクスパットの調査によると、ムンバイの外国人駐在員の平均年収は21万7165ドル(約2300万円)と、全世界の平均である9万9903ドルの2倍余りとなった。

 HSBCエクスパットの責任者、ディーン・ブラックバーン氏は「ムンバイは企業から派遣された外国人の割合が最も高い。これらの駐在員は転勤パッケージの恩恵を受けることが多い」と説明。また、ムンバイが首位に立った理由として、駐在員の経歴や経験が高い水準にあることなどを挙げた。

 アジアの都市ではムンバイ以外に、上海、ジャカルタ、香港が10位以内に入った。

 人口1800万人強のムンバイを含め、一般的にアジアの駐在員の報酬は高いものの、駐在員の雇用機会ランキングでは、アジア勢はロンドンやサンフランシスコ、ニューヨーク、バーミンガムなど英米の都市の順位を下回った。

 駐在員給与ランキングでは、前回の国別ランキングで首位だったスイスから2都市がトップ5入りした。クレディ・スイス・グループやUBSグループが本拠を置くチューリヒが3位に付け、商品取引会社のトラフィギュラ・グループやマーキュリア・エナジー・グループなどが拠点を置くジュネーブが5位だった。(ブルームバーグ)

(2018/3/4 13:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる