[ 金融・商況 ]

【電子版】金融庁、仮想通貨2社に業務停止命令 顧客資産流用も判明(更新)

(2018/3/8 13:30)

金融庁はコインチェックに2度目の業務改善命令、顧客資産流用が判明したビットステーションなどに業務停止を命じた(ブルームバーグ)金融庁はコインチェックに2度目の業務改善命令、顧客資産流用が判明したビットステーションなどに業務停止を命じた(ブルームバーグ)

7社を行政処分、コインチェックに再び改善指示

 金融庁は8日、仮想通貨交換業者ビットステーション(名古屋市)とFSHO(横浜市)に対し、1カ月の業務停止を命じた。ビットステーションで幹部による利用者の仮想通貨の私的流用が判明、顧客保護体制などが不十分と判断した。580億円相当の仮想通貨が流出したコインチェック(東京)には2度目の業務改善命令を発動した。仮想通貨業者への業務停止命令は初めて。

 3社は、改正資金決済法に基づく登録審査中の「みなし業者」。同じくみなし業者のバイクリメンツ(東京)とミスターエクスチェンジ(福岡市)、登録業者のテックビューロ(大阪市)とGMOコイン(東京)も改善命令を受けた。

 処分された交換業者は計7社に上る。金融庁は市場が急拡大する中、「システム管理や顧客保護など内部管理の体制構築が追い付いていない」(幹部)とみて、業者への監視を強化する方針だ。

 業務停止の2社は8日から4月7日まで、仮想通貨の引き出しなどを除き業務ができない。ビットステーションは登録申請の取り下げを申し出ており、廃業する見通しだ。FSHOは、高額の仮想通貨売買など資金洗浄の疑いがある取引を確認する体制が不十分だった。

 コインチェックへの改善命令は1月29日以来2度目。資金洗浄対策や内部監査の体制が不十分とみて経営体制の抜本見直しを求めた。和田晃一良社長は8日午後に記者会見し、被害にあった顧客への補償方針などを説明する。

 バイクリメンツなど4社でも顧客保護など内部管理体制に不備があった。処分された7社は22日までに業務改善の報告書を提出する。

 金融庁は、流出問題を受けてコインチェックに業務改善命令を出し、立ち入り検査に入った。さらに国内で営業するすべての交換業者への検査にも着手。問題が見つかった業者を先行して処分することにした。(時事)

(2018/3/8 13:30)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる