[ 科学技術・大学 ]

iPS系の樹状細胞ワクチン、消化器がんに効果 和歌山県立医大

(2018/3/20 05:00)

和歌山県立医科大学の山上裕機教授と尾島敏康講師らは19日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の樹状細胞で、消化器固形がんに対するワクチン効果を確認したと発表した。強い樹状細胞を数多く確保しやすく、効果が得やすい。副作用や新規がん発生もなく、安全性も高い。将来は各患者のiPS細胞由来の樹状細胞(iPS―DC)ワクチン療法として構築を目指す。

研究グループは健康な人の皮膚線維芽細胞由来のiPS細胞から樹状細胞を作製。そこへ消化器固形がんに発現する腫瘍マーカーで、かつ抗原遺伝子であるがん胎児性抗原(CEA)を導入し、腫瘍情報を持つiPS―DCワクチンとした。

試験管内の実験でCEAを発現するがん細胞にiPS―DCを植え付け、Tリンパ球による腫瘍細胞攻撃を確認。遺伝子組み換えマウスでも大腸がん細胞由来の皮下腫瘍モデルで強力な抗腫瘍効果がみられた。既に効果を確認しているメラノーマに加え、消化器が...

(残り:152文字/本文:552文字)

(2018/3/20 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる