[ 金融・商況 ]

【電子版】コインチェック流出「NEM」、追跡停止―国際団体

(2018/3/22 11:00)

  • NEM財団は追跡停止の理由を明らかにしていないが、捜査機関に有用な情報を提供できたと説明している

 仮想通貨「NEM(ネム)」の普及を目指す国際団体、NEM財団(シンガポール)は20日、仮想通貨交換業者大手コインチェック(東京)から流出したネムの追跡を停止したと発表した。追跡停止の詳しい理由は明らかにされていないが、財団は「捜査機関に有用な情報を提供できた」と説明している。

 財団は、コインチェックから1月26日に約580億円相当のネムが流出後、送金先の口座(アドレス)を特定する技術を開発。流出したネムを追跡し、国内外の交換業者に取引に応じないよう呼び掛けていた。

 ただ、匿名性が高く資金洗浄など犯罪に利用されやすいインターネット空間の「ダーク(闇)ウェブ」で別の仮想通貨に交換されるケースも多かったとみられている。(時事)

(2018/3/22 11:00)

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン