[ 医療・健康・食品 ]

【電子版】ファイザーの“2兆円”部門売却、買い手つかず 英大手が相次ぎ応札撤退

(2018/3/24 08:00)

  • 製薬会社のコンシューマー・ヘルス事業は厳しい現実に直面している(NYのファイザー本社、ブルームバーグ)

 米製薬会社ファイザーの鎮痛薬「アドビル」やビタミン剤「セントラム」は、同社が考えていたほど魅力的ではなかったようだ。

 同社はこれらブランドの製品を手掛けるコンシューマー・ヘルスケア部門の売却を計画していたが、今週まず英レキットベンキーザー・グループが部門買収を巡る協議を成果なく終了、続いて英グラクソ・スミスクラインが応札プロセスから撤退した。価値が200億ドル(約2兆1000億円)相当と評価される同部門売却について、ファイザーに残された選択肢は少なくなってきた。

 UBSグループのアナリスト、ミヒャエル・ロイヒテン氏は「世界は変わった。グラクソがそう言い、バイエルもしかり。サノフィもそれに近いことを言った。つまり、こうした事業または資産は、過去ほど高く売れなくなっているということだ」と語った。

 ファイザーは電子メールで、スピンオフ(分離・独立)、売却その他の取引を含む戦略的代替案あるいは部門保持を検討していると述べた。同社は年内に決定を下す予定だとしている。

 コンサルティング企業ノバセクタのパートナー、ジョン・ラウントリー氏は、今回の展開から「コンシューマー・ヘルスに対する製薬大手の姿勢が伝わってくる」と指摘。「コンシューマー・ヘルスは製薬事業ほど収益性が高くないという厳しい現実に直面している。コンシューマー・ヘルスには、収益性の点でもともと魅力に欠ける部分がある」と語った。(ブルームバーグ)

(2018/3/24 08:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる