[ 地域経済 ]

【電子版】北海道新幹線、札幌駅ホーム位置決定 30年度延伸開業に弾み

(2018/3/29 19:00)

青森県内を走行する北海道新幹線(車両はE5タイプ、撮影:本社 田山浩一)青森県内を走行する北海道新幹線(車両はE5タイプ、撮影:本社 田山浩一)

北海道新幹線「札幌駅」のホーム位置(時事)北海道新幹線「札幌駅」のホーム位置(時事)

 2030年度末の延伸開業を目指す北海道新幹線の札幌駅のホーム位置について協議してきたJR北海道や北海道、札幌市などは29日、同駅から約300メートル東に離れた「修正東案」の採用を決めた。終着駅のホーム位置が確定することで、現在は新青森駅(青森市)と新函館北斗駅(北海道北斗市)を結ぶ北海道新幹線の延伸開業に弾みがつく。

 島田修JR北社長や高橋はるみ北海道知事、秋元克広札幌市長ら関係者が同日、道庁での会合に出席し、新幹線のホーム位置で合意した。札幌乗り入れなどを決めた1998年のルート概要公表から20年越しでの決着となった。

 ホーム位置をめぐっては、これまで複数の案が浮上し、関係者の議論が紛糾。最終的には、訪日客が急増している札幌駅の混雑抑制につながるとして、JR北が先月提示した修正東案を推す声が強まった。ホーム建設工事費は645億円と試算され、当初計画より膨らむ75億円はJR北が全額負担する。

 合意後記者団の取材に応じた島田社長は「訪日外国人旅行者(インバウンド)の増大も含め、きちんと対応できるような計画を作らねばならない」と述べた。(時事)

(2018/3/29 19:00)

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる