[ 政治・経済 ]

【電子版】レベル3自動運転、高速道で20年実現―未来投資会議

(2018/3/31 08:30)

  • 未来投資会議で発言する安倍晋三首相(左から2人目)(30日、時事)

対応ドライブレコーダー義務化を検討

 政府は30日、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、アクセル、ハンドル、ブレーキの3操作をいずれも自動化する「レベル3」の自動運転車の高速道路走行を2020年に実現させる方針を決めた。会議では、転居などに関する行政手続きのオンライン化拡充により、個人の負担を大幅に軽減することも確認した。

 安倍首相は会議で「自動運転は生産性革命の大きな武器」と強調。「安心安全の実現に向け、国際的なルール作りをリードしてほしい」と関係閣僚に対応を指示した。

 「レベル3」はシステムが運転の主体で、緊急時にのみ運転手が対応する。事故の場合に誰が責任を負うかなどの法整備を進めるほか、車両の安全に関するガイドラインを今夏までに定める。自動運転に対応したドライブレコーダーの搭載の義務化などを検討する。

 地域限定で運転手が搭乗しない「レベル4」と呼ばれる完全自動運転の無人バスのサービスも20年までに始める。3操作のうち、複数を自動化する「レベル2」についても、一般道での走行を順次普及させていく方針だ。

 官民が協力し、東京の羽田や臨海部などで信号機と車の相互通信により走行の安全性を高める実証実験も行い、東京五輪・パラリンピックを機に訪日する外国人にも技術力をアピールしたい考えだ。

 一方、行政手続きでは、20年までに転居や相続、死亡届などを一つの窓口で済ませられるようにする。個人番号カード(マイナンバーカード)の本人確認情報をスマートフォンに組み込むなどの実行計画を18年度中に取りまとめる。(時事)

(2018/3/31 08:30)

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる