[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】東京ディズニーが35周年、入園者増へ新施設 パーク拡張も視野

(2018/4/15 18:30)

  • 東京ディズニーランド開園35周年の記念式典(15日、千葉県浦安市、時事)

 東京ディズニーランド(千葉県浦安市、TDL)が15日、1983年の開園から35周年を迎えた。小さな子供連れに人気のアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」をリニューアルし、映画「アナと雪の女王」のエルサやアナなどが新たに登場した。750億円を投じ、「美女と野獣」の世界を体感できる施設などを2020年春に導入し、入園者をさらに増やしたい考えだ。

 浦安市は朝方、風雨が強かったが、小学5年の長男と開園前から並んだ東京都江東区の男性会社員(40)は「35周年のイベント当日だから雨でも来た。新しいパレードを見たい」とほほ笑んだ。

 TDLと東京ディズニーシー(TDS)を合わせた入園者は17年7月に累計7億人を突破した。「季節ごとのイベントを強化し、いつ来ても楽しめるようにした」(運営会社のオリエンタルランド)ことで、高い集客力を維持している。

 混雑を緩和しつつ、訪日外国人客らを取り込むため、TDLとTDS合計で現在約100ヘクタールの敷地を20年代に拡張することを検討している。投資額は数千億円に上る見通しだ。加賀見俊夫オリエンタルランド会長は15日の式典で「パークの拡張を検討している。オンリーワンのリゾートを目指す」と語った。

 大人用の1日券「1デーパスポート」の価格は現在7400円。「アトラクションが増え、テーマパークの価値が向上した」として順次値上げし、開業当初(3900円)の2倍近くになった。一方、年間パスポートは今年3月、お盆や年末など混雑時に利用を制限し、2000~4000円下げた。(時事)

(2018/4/15 18:30)

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる