[ 商社・流通・サービス ]

新技術を満載、次世代新幹線 現場支えるJR東海・メーカー開発陣

(2018/5/1 05:00)

JR東海の東海道新幹線次世代車両「N700S」確認試験車が3月20日から走行試験を始めた。2020年の営業車両投入を目指し、搭載する新技術の最終確認を進める。最高の新幹線車両という意味「Supreme(スプリーム)」の頭文字をとって名付けられた「N700S」は開発拠点の小牧研究施設(愛知県小牧市)と国内鉄道車両関連メーカーの技術の粋を結集して創り上げられたものだ。(小林広幸)

【高まる快適・安全性】

  • 次世代新幹線車両「N700S」確認試験車(JR東海提供)

N700S確認試験車について、新幹線鉄道事業本部車両部の古屋政嗣担当部長は「技術開発の成果をふんだんに採用した」と紹介する。車両はJR東海子会社の日本車両製造と日立製作所が分担して今春完成させた。

先頭は「デュアルスプリームウイング形」と呼ぶ鼻先にエッジを立てた形状。小牧研究施設での風洞実験や各種シミュレーションを通じて、導き出した答えだ。

走行時の風の流...

(残り:1,776文字/本文:2,176文字)

(2018/5/1 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

建設・エネルギー・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン