[ 環境・エネルギー ]

【電子版】福島県内の原発10基、全て廃炉へ 東電社長が表明

(2018/6/14 13:30)

  • 東京電力福島第二原子力発電所=2016年2月、福島県楢葉町、富岡町(時事通信社チャーター機より)

東京電力ホールディングス(HD)の小早川智明社長は14日、福島県庁で同県の内堀雅雄知事と会談し、福島第二原子力発電所(同県楢葉町、富岡町)にある運転停止中の4基について、廃炉の方向で具体的な検討に入る意向を表明した。東電社長の方針表明により、福島第一原発(同県大熊町、双葉町)も含めて計10基あった同県内の原発は、全て廃炉となることが固まった。

同日の会談では、内堀知事が福島第二原発の廃炉を早期に決めるよう求めたのに対し、小早川社長は「このままあいまいな状況を続けること自体が復興の足かせだ。これから具体的な検討に入る」と述べた。

また同社長は会談後、記者団の質問に対し「知事からあらためて強い要請を受けた。会社として全基廃炉の方向で具体的な検討に入る」と話した。廃炉の具体的なスケジュールなどは、今後調整を進める方針だ。

東京電力HDは、2011年3月の東日本大震災に伴う津波で過酷事故を起こした福島第一原発については、既に6基全ての廃炉を決定。しかし、福島県や同県議会が再三廃炉を求めてきた福島第二原発の扱いについては、これまで明確な方針を示していなかった。

内堀知事は14日の小早川社長との会談後、記者会見し、「全基廃炉の方向性が表明されたことを重く受け止める。廃炉への重要なスタートになる」と語った。

これに関連し、世耕弘成経済産業相は同日午後、東京都内で記者団に「経営トップの責任で判断し、方向性を示したことを高く評価したい。大きな原子力政策の変更につながるとは考えていない」と述べた。(時事)

(2018/6/14 13:30)

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる