[ ICT ]

【電子版】米AT&T、タイムワーナー買収完了 司法省は上訴の可否検討

(2018/6/15 13:00)

  • 米AT&Tはタイム・ワーナーの買収手続き完了を発表、司法省は上訴するかどうか検討中だという(6月13日、ニューヨーク=ブルームバーグ)

【ニューヨーク=時事】米通信大手AT&Tは14日、米メディア・娯楽大手タイム・ワーナーの買収が完了したと発表した。買収計画を承認した12日の連邦地裁判決をめぐり、司法省が執行延期の請求を見送ったことで手続きの遅延が回避された。ただ米メディアによると、同省は引き続き上訴の可否を検討するとしている。

 首都ワシントンの連邦地裁は12日、反トラスト法(独占禁止法)違反に当たるとして買収阻止を求めた司法省の訴えを退け、854億ドル(約9兆4500億円)での買収計画を無条件で承認した。ただ、同省が判決の執行延期を求めた場合、今月21日の契約期限までに買収が完了せず、計画の見直しや中止に至る可能性もあった。

 報道によると、AT&Tと司法省は、ニュース専門局CNNなどを抱える放送部門を他の事業と一定期間切り離すなどの条件で合意。地裁も合意を認めたことを受け、同省は判決の執行延期請求を見送った。

(2018/6/15 13:00)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる