[ ICT ]

【電子版】Tモバイルとスプリント、合併後に5G投資4.4兆円を計画

(2018/6/20 17:30)

  • 両社は合併によりAT&Tを上回る通信事業者となる見込み。FCCに対してもスケールメリットを生かした消費者向け恩恵を強調している(ブルームバーグ)

 TモバイルUSとスプリントは、両社の合併案を米規制当局が承認した場合、第5世代(5G)無線ネットワーク構築に400億ドル(約4兆4000億円)投資する計画であることを米連邦通信委員会(FCC)に伝えた。

 両社は合併承認を求めてFCCに18日提出した678ページの要望書で、統合会社の5Gネットワークの容量は別々の企業で保有した場合の3倍になるとし、従来の家庭向けブロードバンドサービス業者に代わる妥当な代替サービスを提供すると説明。「米消費者は支払いが少なくなり、より多くを得るだろう。新生Tモバイルが容量を拡大することで、消費者にギガバイト単位でデータを届けるコストは大幅に低下する」との見通しを示した。

 通信業界が5Gネットワーク構築へ準備を進める中、Tモバイルは4月、AT&Tやベライゾン・コミュニケーションズに対する競争力を高めるため、スプリントを265億ドルで買収すると発表。FCCと米司法省は、米国内の携帯電話サービス大手が4社から3社に減ることになるこの買収案を慎重に審査する。

 ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のデータによると、統合会社の携帯電話の個人契約者数は9960万人。これはベライゾンの1億1630万人を下回る一方、AT&Tの9320万人は上回る。Tモバイルとスプリントの合併実現にはFCCと司法省の承認が必要。両社は2019年上期中の合併手続き完了を目指している。(ブルームバーグ)

(2018/6/20 17:30)

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる