[ ICT ]

【電子版】インスタグラム、評価額11兆円超 フェイスブック買収額の100倍に

(2018/6/26 14:30)

  • アナリストらはインスタグラムは今後1年以内に売上高が100億ドルを超え、5年以内に月間アクティブユーザー数が20億人を超えると予想する(ブルームバーグ)

 米フェイスブック傘下の写真共有SNS(ソーシャル・ネットワーク)、インスタグラム単体の評価額は1000億ドル(約11兆円)余りと、2012年の買収額の100倍と推定される。ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)の集計データで明らかになった。

 BIのアナリスト、ジテンドラ・ワラル氏の25日のリポートによれば、インスタグラムは向こう1年間で売上高が100億ドルを超える可能性が高い。インスタグラムの月間アクティブユーザー数は今月、10億人に達した。

 ワラル氏の分析によると、インスタグラムは親会社フェイスブックよりも速いペースで新規ユーザー数を増やしており、5年以内に月間アクティブユーザー数は20億人を超える見通しだ。フェイスブックは既にこの目安を超えているものの、インスタグラムのユーザーの平均年齢はフェイスブックより若いため、広告主にとってより魅力的な媒体となっている。またインスタグラムはフェイスブックと異なり、米国内でもまだ伸びている。

 BIが引用した調査会社イーマーケターのデータによれば、インスタグラムの向こう1年間の売上高がフェイスブック全体に占める割合は約16%と、昨年の10.6%から上昇する見込み。インスタグラムは先週、さらなる成長を目指し、動画投稿・閲覧アプリ「IGTV」を発表した。

 しかしワラル氏は、IGTVはまだ開発途上であるため、2018年の売り上げの伸びの大半はニュースフィード上の広告に依存する可能性が高いと分析した。(ブルームバーグ)

(2018/6/26 14:30)

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/07/13

    本日13日は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる