[ 政治・経済 ]

【電子版】米自動車関税「最大25%」検討 日韓、影響必至

(2018/7/5 11:30)

  • 米テネシー州スマーナの日産工場(ブルームバーグ)

米国のトランプ政権が検討する自動車関税に官民挙げて反対する日本と韓国だが、発動されれば影響は避けられそうもない。

政府の統計によると、日本は2017年、500億ドル(5兆5000億円)の自動車と部品を米国へ輸出した。韓国は204億ドル(約2兆3000億円)。一方、日本メーカーは年380万台を米で現地生産し、韓国の現代自動車は83億ドルを投資したと説明する。

検討されている税率は最大25%に上る。日韓の自動車メーカーが受ける影響を示す五つのチャートを示した。

日本メーカーでは、トヨタ自動車や日産自動車が米国内に大規模な製造拠点を設置する一方で、マツダやスバルは大部分を日本から輸入している。

韓国の現代自動車や起亜自動車への影響は比較的、小さい。だが現代自の高級車ブランド「ジェネシス」は全てが韓国から輸入されている。

トヨタや日産自動車は、米ケンタッキー州やテネシー州などで製品を生産しており、関税の影響は限定的だ。一方、トヨタのプリウスなど全車が輸入される人気車もある。

韓国から輸入される製品はそれほど多くないが、現代や起亜の一部の車種は影響を受ける。

北米自由貿易協定( NAFTA)の変更というリスクもある。トヨタはカナダに投資しており、日韓の自動車メーカーは米市場向けに供給するためにメキシコに工場を構えている。(ブルームバーグ)

(2018/7/5 11:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる