[ オピニオン ]

社説/量子コンピューター 局地戦で日本の強みを生かせ

(2018/9/7 05:00)

量子コンピューティングの開発に巨額資金を投じる米国や中国に対して、日本が伍(ご)していくためにはユーザーの立場を生かした協業型の局地戦で挑むのも一手だ。

これまでコンピューターの開発競争といえばスーパーコンピューター(スパコン)が頂点とされてきた。半年に1回発表されるスパコン性能のランキング「トップ500」は、例えるなら、世界最速を競う「F1レース」。そこでの戦いは国力を示すバロメーターのような意味合いもある。

量子コンピューターの開発競争も方向性は同様だが、目指すゴールはスパコンとは次元が異なる。例えば、ロケットの開発競争。これまでF1で盛り上がっていたところに、いきなりロケットの話が出てきた格好だ。

量子コンピューターはこれまで遠い世界の話とされてきたが、IBMやグーグルなど海外勢の攻勢が目覚ましく、2022年頃にスパコンの性能を超える「ゲート方式の50量子ビット機」が実用段階に入る見通しだ。日本も産学官がそれぞれ動きだしているが、海外ベンダーが投じる研究予算はケタ違いに大きく、日本勢がプラットフォームを含む全面対決に挑んでも勝算は見えにくい。

ならば、基盤となるプラットフォームにこだわらず、アプリケーション(応用ソフト)開発などに人材をシフトし、ユーザーの立場で日本の強みを生かすのも選択肢だ。

プラットフォームを海外勢に依存することへの懸念もあるが、きちんとした知財戦略を持って臨めば「母屋を取られる」ようなリスクは軽減できる。むしろ、逆にアプリ領域で力を発揮して、多様なプラットフォームの上に日本の旗を立てていくような戦略があってもよい。

量子コンピューティングのアプリ開発では情報処理推進機構(IPA)が人材育成プロジェクトの公募を始めている。量子現象を応用した「アニーリング方式」に続き、本流のゲート方式でも公募を始めた。来るべき量子時代に向けて、日本としての道を示すべきだ。

(2018/9/7 05:00)

総合4のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる