[ ICT ]

【電子版】ベライゾン、全米初の「5G」サービス 来週から4都市で開始

(2018/9/27 16:00)

  • ベライゾンは米国初となる5Gサービスを他社に先駆けて開始する(9月12日、ロサンゼルス=ブルームバーグ)

 米無線通信事業者は何年もの間、家族プランやデータ通信量無制限プラン、税金やネットフリックス視聴料の組み込みなど割引競争を繰り広げてきた。しかし現在は回線を通じてサービスを提供している業界に狙いをつけている。

  ベライゾン・コミュニケーションズは米国初の第5世代(5G)ワイヤレスサービスを来週4都市で開始する計画。同社は5Gワイヤレス技術を使い、最も速い回線と同じか、それを上回る速度でサービスを提供する。さらに消費者の関心が高まっているウルトラHDビデオも配信する。

 5Gは今後さらに数千ものアンテナが必要であることや、天候による通信遮断の可能性などの制約はあるものの、現在ブロードバンドと電話、テレビを回線ないし衛星経由で利用している米国の約9000万世帯にとって新たな選択肢になり得る。無線通信業界で過去に繰り返されてきたのと同じ経過をたどれば、価格は下がり、現在、これらのサービスに月150ドル(約1万7000円)前後を支払っている消費者にとっては救いとなる。

 米連邦通信委員会(FCC)のリード・ハント元委員長は、「ワイヤレスは回線ブロードバンドへのリスクではないとの考えは過去のものになった」と指摘した。

 ベライゾンに続き、 AT&Tも5Gサービスを開始する予定であり、各無線通信事業者はブロードバンドやテレビを独占している有線事業者に挑もうと躍起になっている。無線通信事業者の大手4社は合わせて2億6000万人強の顧客を抱えており、これらは家庭向けの新インターネット・テレビサービスの潜在的な顧客となり得る。(ブルームバーグ)

(2018/9/27 16:00)

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる