[ 科学技術・大学 ]

【電子版】高エネ研など、原始重力観測に挑む 新型望遠鏡「グランドバード」公開

(2018/11/27 17:00)

原始重力波の観測を目指す新型の望遠鏡「グランドバード」。高速で回転しながら広い範囲を観測する(26日、茨城県つくば市=時事)原始重力波の観測を目指す新型の望遠鏡「グランドバード」。高速で回転しながら広い範囲を観測する(26日、茨城県つくば市=時事)

 高エネルギー加速器研究機構(茨城県つくば市)と京都大などは26日、新型の望遠鏡「グランドバード」を公開した。センサーを3秒に1回転させることで広い範囲を調べ、宇宙誕生直後に起きたとされる「原始重力波」の観測に挑む。

 グランドバードのセンサー部分は直径約1.4メートル。内部を絶対零度(マイナス273度C)近くに冷やしノイズを軽減する。センサーの回転により、観測範囲が従来の20倍に広がるほか、大気の揺らぎの影響も低減できる。

 宇宙の誕生をめぐっては、ビッグバンが起きる直前に急激に膨張したとする「インフレーション理論」が提唱されている。原始重力波をキャッチできれば理論を裏付ける大きな手掛かりとなり、各国が観測を試みている。

 グランドバードは地球に降り注ぐ電磁波の強さや性質を調べることで、原始重力波に迫る。12月以降、大西洋に浮かぶスペイン領カナリア諸島に望遠鏡を送り、来年4月の観測開始を目指す。(時事)

(2018/11/27 17:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる