[ 政治・経済 ]

【電子版】中国、地対空ミサイルS400試射成功と報道 極超音速の目標迎撃

(2018/12/26 05:00)

  • ロシア製の最新鋭地対空ミサイルシステムS400(07年8月、モスクワ近郊エレクトロスタリ=AFP時事)

【北京、モスクワ=時事】25日付の中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は、ロシアメディアを引用し、中国がロシア製の最新鋭地対空ミサイルシステムS400の試射を行ったと報じた。250キロメートル離れた地点から極超音速で飛行する目標のミサイルを迎撃することに成功したという。中国本土から台北が射程に入ることになり、日本の安全保障にも影響が出そうだ。

 タス通信はこれに先立ち、12月上旬に中国内でS400の試射が行われたと軍事外交筋が明らかにしたと伝えていた。強い電子的な妨害を敵から受ける状況を想定し、毎秒3キロメートルで飛行する弾道ミサイルを撃ち落としたとしている。

 ロシアが外国にS400を供与したのは中国が初めて。S400は米最新鋭ステルス戦闘機F35Bや弾道ミサイルの迎撃も可能とされ、地対空ミサイルとしては世界最高水準の性能とみられている。

 S400は複数の種類のミサイルで運用され、今回の試射では「48N6E」が使用された。ただ、「射程400キロメートルで最も強力」(中国の軍事専門家)とされる「40N6」を中国が保有しているかどうかは不明。中国が40N6を入手すれば、中国本土から沖縄県・尖閣諸島が射程に入る。

(2018/12/26 05:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる