[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】欧エアバス、米アラバマに新工場 300億円超投じ「A220」組み立て

(2019/1/17 13:30)

  • A220の操縦席(18年7月、フランス・トゥールーズ=ブルームバーグ)

【モビール(米アラバマ州)=ロイター時事】欧州航空機大手エアバスは16日、米アラバマ州モビールに3億ドル(約326億円)投じ、小型ジェット旅客機「A220」の組立工場を新設すると発表した。400人の雇用創出を見込む。

 同社は昨年7月、カナダの同業ボンバルディアから小型ジェット機「Cシリーズ」事業を買収し、「A220」に衣替えした。モビールには既に、主力の単通路型機「A320」の組立工場があり、700人を雇用している。今回の投資で米国での存在感を高める狙いだ。米南東部では航空機メーカーの投資が増加しており、米ボーイングも「787ドリームライナー」をサウスカロライナ州で組み立てている。

 当局者によると、アラバマ州とモビール市はエアバスに計2600万ドルの優遇措置を提供する見通し。

 エアバスは米航空会社向けの「A220」を新工場で組み立てる計画で、これまで250機(昨年7月以降は135機)を受注している。

 エアバス・アメリカズのニッテル最高経営責任者(CEO)は「米国は当社にとって最大市場の一つで、モビールは米国の最大拠点だ。技術や人材が確保できるため、理にかなった動きだ」と述べた。

(2019/1/17 13:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン