[ ICT ]

IBM
【電子版】米IBMの10-12月期、19億ドルの黒字 クラウドなど堅調

(2019/1/23 14:30)

  • 米IBMの第4四半期は売上高と利益がともにアナリスト予想を上回るとともに、19年通期も堅調な見通しを示した(18年10月、ブルームバーグ)

【ニューヨーク=時事】米IBMが22日発表した2018年10~12月期決算は、純損益が19億5100万ドル(約2100億円)の黒字となった。前年同期は10億5400万ドルの赤字。米税制改革の影響で19億ドルの費用を計上したが、クラウドやデータ解析などの「戦略的必須領域」が収益に寄与した。

 1株当たりの営業利益は4.87ドルと、市場予想平均(リフィニティブ調べ)の4.82ドルを上回った。19年通期の1株当たり営業利益については「最低でも13.90ドル」と予想した。

 売上高は3.5%減の217億6000万ドル。市場予想平均(同)は217億1000万ドルだった。

 部門別の売上高は、インフラ関連や技術支援サービスを手掛ける「テクノロジー・サービシズ&クラウド・プラットホームズ」が2.9%減の89億2900万ドル。一方、人工知能(AI)システム「ワトソン」を軸とした「コグニティブ・ソリューションズ」は0.4%増の54億5500万ドル、コンサルティング業務などの「グローバル・ビジネス・サービシズ」も4.1%増の43億2200万ドルと伸びた。

 18年通期では、売上高が前期比0.6%増の795億9100万ドル、純利益が51.7%増の87億2800万ドルだった。

(2019/1/23 14:30)

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる