[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】FCA、SUVに5000億円投資 米工場で「ジープ」「ラム」増産

(2019/2/27 10:30)

  • 19年モデルのグランドチェロキー(18年1月、デトロイト・北米国際自動車ショー=ブルームバーグ)

 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は「ジープ」の新型モデル生産とピックアップトラック「ラム」の増産に向け、45億ドル(約5000億円)を投資する計画だ。同社は米国販売が失速し、ライバル企業が多くのモデルを投入する中でも、利幅の大きいスポーツ多目的車(SUV)の販売増に期待している。

 マイク・マンリー最高経営責任者(CEO)は記者団との電話会見で、同社はデトロイトにあるマック・アベニュー・エンジン工場に16億ドルを投じ、次世代「ジープ・グランドチェロキー」と、プラグイン・ハイブリッド(PHV)エンジンが搭載可能な3列シートのフルサイズSUVジープを生産すると語った。

  • 20年モデルのジープ・グラディエーター(18年11月、カリフォルニア・ロサンゼルスモーターショー=ブルームバーグ)

  • ダッジラム1500 Limitedトラック(18年1月、デトロイト・北米国際自動車ショー=ブルームバーグ)

 さらにミシガン州ウォーレンのトラック工場にも15億ドルを投資し、「ジープ・ワゴニア」と「グランド・ワゴニア」を復活させると共に、「ラム1500クラシック」の生産を年内継続する。全米自動車労働組合(UAW)は、FCAの米工場での雇用創出につながる動きだとして歓迎した。

 これらモデルの投入はライバルであるゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーターが「フォード・ブロンコ」や「シボレー・ブレイザー」を再発売する時期と重なる。ジープの伝統を受け継ぐ「ラングラー」の在庫が予想外に急増したことで、自動車メーカー各社の利益の伸びを後押ししてきた米国のSUVブームがピークを迎えつつあるとの懸念が強まっている。

 FCAは26日遅く、生産を需要に合致させるためにイリノイ州のジープ工場のシフトを削減すると発表した。(ブルームバーグ)

(2019/2/27 10:30)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる