[ 科学技術・大学 ]

【電子版】NASA、超音速機の衝撃波撮影に成功 低騒音航空機「X59」開発に活用

(2019/3/10 07:00)

  • 2機の超音速練習機T38から発せられた衝撃波が相互作用する様子を捉えた画像(NASA提供)

  • NASAとロッキード・マーティンが共同開発を進める衝撃波による爆音を出さない次世代超音速航空機「X59」(NASA提供)

  • NASAは試験機を2021年までに初飛行させる計画で開発を進めている(18年11月、米パームデール=ロッキード・マーティン提供)

【ワシントン=AFP時事】米航空宇宙局(NASA)は8日までに、2機の超音速機から発せられた衝撃波が相互作用する様子を初めて捉えた写真を公開した。NASAは、衝撃波による爆音(ソニックブーム)を出さない超音速旅客機の実現を目指しており、その研究の一環だという。

 航空機は飛行速度が音速(時速約1225キロメートル)を超えると、衝撃波を生み、耳をつんざくような音の原因となる。

 今回、米空軍の2機の超音速練習機T38が高度約9000メートルで、約9メートルの間隔で飛行。別の機に搭載された最先端の高速度カメラが、両機から発生した衝撃波の魅惑的な画像を捉えた。

 衝撃波の詳細な画像を撮影する技術は、低騒音の超音速航空機X59の開発に「極めて重要」だという。NASAと協働するエアロスペース・コンピューティング社のニール・スミス氏も「このデータは衝撃波の相互作用をより良く理解するのに役立つ」と指摘した。

(2019/3/10 07:00)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる