[ オピニオン ]

産業春秋/瀬戸内の芸術祭

(2019/5/15 05:00)

瀬戸内海の12島と2港を舞台とした現代アートの祭典をご存じだろうか。3年に一度、今回4回目の「瀬戸内国際芸術祭」である。春、夏、秋ごとに開催期間が設けられ、多くの観光客が島を訪れる。

10連休を利用して香川県の3島を中心に芸術作品を見て回った。古い民家や美しい海辺に展示された作品は妙に自然と調和し、鑑賞していて楽しかった。展示作品をつなぐ歴史ある街並みも散策できた。

芸術祭のテーマは「海の復権」。人口減少と高齢化が進んだ多くの島に活力を取り戻し、瀬戸内海が地球上すべての地域の「希望の海」となることを目指すという。

かつて産業廃棄物の不法投棄事件に揺れた豊島(てしま)。産廃の撤去により自然の回復が進んだ。ここでは無数の風鈴が森の中で鳴り響く作品にたどり着くまで山道を歩いた。これは自然豊かな本来の島を感じてもらうための演出ではないかと歩きながら思った。

一方、小豆島では、地元のボランティアが自家用車で離れた作品展示場所まで送ってくれた。別の訪問先でも地元の人々の自然な振る舞いに好感が持てた。多くの観光客も同様の思いだろう。現代芸術を生かし、地方活性化につなげる交流の祭典が末永く続くことを祈りたい。

(2019/5/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン