[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】ダイムラー、19年通期見通し下方修正 ディーゼル不正響く

(2019/6/24 14:00)

  • ダイムラーの資料によると引当金を数億ユーロ増額したことで見通しを前年並みの水準に引き下げたという(5月22日、ドイツ・ベルリン=ブルームバーグ)

 ドイツの高級車メーカー、ダイムラーは23日、2019年通期の利益見通しを引き下げると発表した。通期見通しの下方修正はここ1年で3回目。ディーゼル車の排ガス不正問題に関連した負担が重しになったと説明している。

 ダイムラーはディーゼル車排気の不正を巡る米欧当局の調査に直面している。同社は昨年、独当局からリコール(無料の回収・修理)実施を命じられ、欧州で数百万台の車両のソフトウエアをアップデートすることで合意したが、これまでのところ罰金・制裁金の支払いは免れている。

 証券取引所への届け出によれば、同社は政府の措置や対策に向けた引当金を数億ユーロ積み増し、その結果、通期の利払い・税引き前利益(EBIT)見通しを前年並みの水準に引き下げたという。従来は前年をわずかに上回る水準を見込んでいた。

 引当金の増額は4-6月(第2四半期)に計上され、利益を圧迫することになりそうだ。貿易摩擦や欧州での新たな排ガス検査などに関連し、同社は通期利益見通しをここ1年で2回下方修正していた。(ブルームバーグ)

(2019/6/24 14:00)

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる