[ ICT ]

【電子版】米IBM、4四半期連続の減収 4-6月期、レッドハット買収効果は答えず

(2019/7/18 11:30)

  • IBM全体の売上高は192億ドルで4四半期連続の減収(14年1月、テキサス州ダラスのIBMのデータセンター=ブルームバーグ)

 IBMの4-6月期売上高は前年同期比4.2%減の192億ドルで、アナリスト予想平均の191億4000万ドルをやや上回った。減収は4四半期連続。

 4-6月期のクラウド・インフラストラクチャーとテクノロジーサポートを含むグローバル・テクノロジー・サービス部門の売上高は、前年同期比6.7%減の68億ドル。同部門は前四半期にも同程度の減収だった。カバノーCFOは減収について、IBMが一部の不採算事業を終了したことによるものだと説明。「年後半にかけてこれらの数字が改善すると予想する」と述べた。テクノロジー・サービスはIBMで最大の事業部門で、総売上高の40%近くを稼ぐ。

 1株利益は一部費用を除いたベースで3.17ドルと、市場予想平均の3.08ドルを上回った。通期1株利益は13.90ドル以上とする見通しを維持した。

 クラウド市場で10年余りにわたり後れを取ったIBMは、プライベートクラウドとパブリッククラウドの両方でサービスを提供できるハイブリッドクラウド戦略を今後の方向性としている。ジニ・ロメッティ最高経営責任者(CEO)はアマゾン・ドット・コムやマイクロソフトといったクラウド市場のリーダーを追い上げるため、レッドハットを高額で買収。買収手続きは7月に入って完了したため、今回の四半期決算にレッドハット事業の貢献はまだ反映されていない。

 同日の4-6月(第2四半期)決算発表後の電話会議で経営陣は、340億ドル(約3兆6600億円)を投じたレッドハット買収とクラウドコンピューティング事業成長への貢献について口を閉ざした。ジム・カバノー最高財務責任者(CFO)はレッドハットに関する質問には一切返答せず、8月2日に予定する年次投資家説明会で最新の見通しを示すと述べるにとどめた。(ブルームバーグ)

(2019/7/18 11:30)

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる