[ オピニオン ]

産業春秋/しなやかな経営

(2019/7/23 05:00)

回復基調を続けてきた日本経済は、ここにきて変調の兆しが出てきた。その一つの要因として、「アベノミクス」の第3の矢である成長戦略がなかなか軌道に乗らないことが挙げられる。

公共投資から、成長戦略を担う民間投資へうまくバトンがつながれていない。では今後の日本企業の成長には、何が欠かせないのだろうか。

KPMGコンサルティング(東京都千代田区)がまとめた「グローバルCEO調査2019」によると、今後3年間のM&A(合併・買収)への意欲は、約3分の2の日本企業が「組織全体への影響度が適度」なのに対し、米国企業のほぼ半数が「組織全体への影響度が高い」を望む。日米企業間で温度差がある。

また、企業経営のレジリエンス(機動性・柔軟性)では、失敗から学ぶ社風を作るという「理想」は日本企業もグローバル企業も80%台前半でほぼ横並び。ただ、社内に理想とする企業文化が醸成されている「現実」は、日本企業の半数に対し、グローバル企業は70%で、差が開く。

失敗を許容する文化の醸成の遅れは、安全運転を志向する日本企業の経営姿勢を浮き彫りにした。リスクを許容しながら、成長の種を育てていく「しなやかな」経営が求められている。

(2019/7/23 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる