[ エレクトロニクス ]

【電子版】AMD、ゲーム機向け低調 売上高見通し予想下回る

(2019/7/31 13:00)

  • AMDの本社(カリフォルニア州サンタクララ=同社提供)

 米アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の7-9月(第3四半期)の売上高見通しは失望される数字となった。ゲーム機向け半導体の2大顧客であるマイクロソフトとソニーからの受注が予想を下回っていることを示唆している。

 30日の発表資料によると、7-9月期の売上高は約18億ドル(約1960億円)の見通し。ブルームバーグ集計のアナリスト予想平均は19億4000万ドルだった。AMDはさらに、通期の売上高見通しを下方修正した。これを受け、同社の株価は時間外取引で一時約5%下落した。

 AMDはパソコン(PC)関連製品の売り上げは上向きつつあるが、ゲーム機メーカーからの需要が今年の当初予想を下回っていることが全体の収入に響いていると説明。サーバープロセッサーやゲーム機向けカスタム半導体を含む部門の4-6月(第2四半期)売上高は12%減少した。

 4-6月期の純利益は3500万ドル(1株当たり3セント)。前年同期は1億1600万ドル(同11セント)だった。一部項目を除いた1株利益は8セントとアナリスト予想と一致。売上高は15億3000万ドルと前年同期比13%減少したが、アナリスト予想平均の15億2000万ドルは上回った。

 粗利益率は41%に改善し、アナリスト予想平均と一致した。前年同期は37%だった。

 通期売上高については1桁台半ばの伸びとの見通しを示した。従来は1桁台の高めの増加率を見込んでいた。アナリストらは通期売上高について6%前後の伸びを予想していた。AMDは通期の粗利益率見通しをやや引き上げ、42%とした。(ブルームバーグ)

(2019/7/31 13:00)

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる