[ オピニオン ]

産業春秋/中小が支える海洋資源開発

(2019/8/22 05:00)

米中摩擦の中国側の切り札として、レアアース(希土類)の輸出規制が取りざたされている。電気自動車の部材などに必須で、世界生産の約7割を中国が握る。

世界需要の数百年分を超えるレアアースが日本の最東端の南鳥島海域に眠っている可能性があるという。海洋資源の把握は安全保障の観点からも重要だ。

国家プロジェクトとして「革新的深海資源調査技術」が展開中。深海の調査能力を飛躍的に発展させるとともに、2022年度までに水深6000メートルからレアアース泥を回収する技術の確立を目指す。

プログラムディレクターで石油資源開発顧問の石井正一さんは「この技術開発には中堅・中小企業の先端技術が欠かせない」という。調査に投入している無人探査機「江戸っ子1号」は心臓部にあたる耐圧ガラス球を岡本硝子が製造。おもり切り離し装置をパール技研(千葉県船橋市)が、真空成形によるプラスチックカバーをバキュームモールド工業(東京都墨田区)が製造した。

10年の日本とのもめ事で、中国がレアアースを武器にしたことは記憶に新しい。世界第6位の広さの領海・排他的経済水域(EEZ)を持つ日本。その海洋資源開発を支える中堅・中小の先端技術を応援したい。

(2019/8/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる