[ 金融・商況 ]

【電子版】仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン容量、ほぼ満杯 考案者が警告

(2019/8/27 14:30)

  • イーサリアムの共同考案者ビタリック・ブテリン氏(17年9月、カリフォルニア州サンフランシスコ=ブルームバーグ)

 仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン(分散型台帳)が不足しつつある。イーサの共同考案者ビタリック・ブテリン氏が先週、警告を発した。

 イーサスキャンによれば、イーサのネットワーク利用率は90%台に跳ね上がっている。ブテリン氏は基盤のブロックチェーンでイーサの取引を処理するコストが一部ユーザーにとって過度に高くなっていると指摘。利用率が上昇すれば、取引コストも追随する可能性があり、法人にイーサ利用をためわせるかもしれないとも説明した。

 ネットワーク混雑の背景には、イーサのブロックチェーンを利用するデジタルゲーム「クリプトキティーズ」が約2年前に、そして別の仮想通貨テザーが2015年にそれぞれ登場した経緯がある。

 データ調査のイーサガスステーションによると、テザーは過去30日、同ブロックチェーン上で取引を処理するコンピューターに手数料26万ドル(約2750万円)を支払った。これはクリプトキティーズの約17.5倍、世界最大の分散型取引所でイーサをベースとする「IDEX」の6倍という。

 ドルのように比較的安定した仮想通貨を意図して設計されたテザーの利用は広がっており、その少なくとも40%はイーサのネットワーク上で運用されていると、米テキサス大学オースティン校でファイナンスを教えるジョン・グリフィン教授は7月に推計した。テザーに充てられる容量が増える中で、他のデベロッパーへの余地が小さくなっている。(ブルームバーグ)

(2019/8/27 14:30)

おすすめコンテンツ

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン