[ オピニオン ]

産業春秋/アフリカで医療を

(2019/9/2 05:00)

8月30日まで横浜市で開かれた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)は、首脳会合の他に官民さまざまな主催者による公式サイドイベントでにぎわい、催しの数は100を超した。

異色だったのは医療機関で唯一、公式シンポジウムを開いた一般社団法人徳洲会(東京都千代田区)。日本最大の医療法人である同会は徳田虎雄前理事長の時代から、主に発展途上国に病院や看護学校の開設支援、医療機器の寄付などをしてきた。

鈴木隆夫理事長は「中でも精力的に取り組んできたのがアジア、アフリカを中心とした慢性腎不全に対する医療」と話す。これまでアフリカでは28カ国と医療支援の覚書を交わし、16カ国で透析センターの設立を支援した。

単に機器を寄付するだけでは技術が根づかないのは産業も医療も同じ。同会はノウハウ移転を重視している。2018年3月にはタンザニアの首都ドドマの国立大学付属病院の医療スタッフを指導し、同国初の腎移植手術を成功させた。すでに7例の実績ができたとシンポジウムで発表した。

地理的にも心理的にも遠いアフリカの地で、先進的な医療を日本の医療機関が支援している。ビジネスを展開する企業にとっても、心強いことだと思う。

(2019/9/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる