産業春秋/“かっこいい車”の礎

(2019/11/15 05:00)

日本自動車殿堂は15日、殿堂入りする3氏や歴史遺産車などの授与式を行う。同殿堂は小口泰平元芝浦工業大学学長らが創設し、自動車産業や自動車文化に貢献した人々を顕彰している。

今年の殿堂入りはインダストリアルデザイナーの小杉二郎氏(故人)、エンジン滑り軸受解析を確立した染谷常雄東大名誉教授、川崎重工業で大型2輪車を開発した大槻幸雄氏の3人。いずれも自動車産業隆盛の基盤を築いた方々である。

中でも小杉氏の活躍は興味深い。東京美術学校(現東京芸大)卒業後、兵役を経て生産工芸研究所を立ち上げた。1948年には東洋工業(現マツダ)のオート三輪のデザインを手がけ自動車分野に進出。

その後もマツダ初の4輪車「R360クーペ」などのデザインに携わった。「使い勝手と美しさ、走る楽しさ」を取り入れたデザイン。当時のモノづくりは技術主体でデザインはあまり重視されなかったが、小杉氏は「デザインは技術開発と同様に重要」とし、工業デザイン思想を提唱、この分野の草分けとなった。

今でこそ“かっこいい”車が若者にもてはやされる時代になったが、敗戦直後にデザインを重視した小杉氏の慧眼(けいがん)は、殿堂入りにふさわしい。

(2019/11/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる