機械設計4月号/モーションコントロール技術の最新動向

(2020/3/9 05:00)

日刊工業新聞社が10日に発売する月刊誌「機械設計4月号」は、「モーションコントロール技術の最新適用事例と研究開発動向」を特集する。

モーションコントロールは、アクチュエーターやセンサー、コントローラーなどのさまざまな要素から構成されたシステムによって、位置や速度、加速度、力など機器の運動を制御する技術。産業機械や輸送機械、医療機械など多様な分野で幅広く用いられ、効果的な同技術を導入しているかどうかが、製品の重要な差別化要因となっている。

特集では、電気自動車(EV)、産業用ロボット、医療・介護支援ロボット、ハードディスク駆動装置(HDD)、地震シミュレーターに適用される同技術の概略と研究開発動向を解説する。回転機械の設計に同技術を応用した事例も取り上げた。また、ネットワークを用いた制御信号の伝送における通信遅延問題の解決手法、アプリケーションへのリアルハプティクス(力触覚を瞬時にデータ化しデジタルデータとして活用する技術)の実装を簡便にする汎用力触覚コントローラーについても解説した。

(2020/3/9 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる