社説/緊急事態宣言延長 企業支援、2次補正含め検討を

(2020/5/4 05:00)

政府は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を延長する。企業は事業継続へ厳しい判断を迫られる局面だ。苦境に陥る企業の支援へ、業種や規模に応じて、よりきめ細かい追加施策を講じてもらいたい。

新型コロナ対策の専門家会議は感染拡大の現状について、新規感染者数は減少傾向に転じていると評価。ただ、「収束のスピードは期待したほどではない」とし、外出自粛などの強い対策を継続する必要があると判断した。

これを受けて政府は緊急事態宣言の延長方針を固めた。延長期間などを含め、4日に決定する。

延長により感染の爆発的拡大を防ぎ、医療崩壊を阻止するという考えは理解できる。しかし、休業に追い込まれたり市場収縮に直面したりする企業にとっては死活問題となる。世界同時並行で進む事態であり、影響はあらゆる業種に及んでいる。

2020年度補正予算が成立し、財政支出25兆6914億円の緊急経済対策が動きだした。企業向けでは、民間金融機関による実質無利子無担保融資や、特に厳しい状況にある中小企業に法人は最大200万円、個人事業主に同100万円を給付する持続化給付金、雇用調整助成金による助成率の引き上げなどが講じられる。

過去に例のない規模ではあるが、緊急事態宣言の延長で破綻の淵に追い込まれる企業が増えることは避けられない。追加の措置が必要になろう。政府は第2次補正も検討すべきだ。

最も影響を被っている外食・サービス産業などの零細企業には、自民党が無担保融資と給付金のハイブリッド型を提案している。また、立教大学名誉教授の山口義行氏は、中小企業支援として、ローン債権の買い取りや利息の支払いのみで元本返済を猶予する永久劣後ローンを提案している。一考の価値があるのではないか。さらに、公的資本注入などを模索する動きもある。

政府は1社でも多くの企業を救えるよう、考えられる政策を総動員して取り組んでほしい。

(2020/5/4 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる