新型コロナ/経産省、ASEANに供給網促す 製造業の多元化助成

(2020/5/6 05:00)

経済産業省はサプライチェーン(部品供給網)の多元化に関する枠組みをまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大で露呈した製造業の課題に対し、国内回帰の動きを推進する一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国での新たな供給網確立を促す。早ければ5月から公募を開始し、2024年度までの事業期間による展開を見込む。

支援事業はサプライチェーン強靱(きょうじん)化を目的にASEAN各国での設備導入や実証試験、企業化調査(FS)などを対象に実施する。災害や国際情勢の急激な変化などの発生を想定し、部素材の供給元や製造拠点の複線化によるリスク低減につなげる。在庫管理システムや生産管理システムなどデジタル技術の活用によるネットワーク構築の動きも後押しする。

新型コロナで需要が劇的に拡大したマスクなどの衛生関連製品のほか自動車、電機、医療機器など製造業全般を対象とする。

投資額に対して大企業は2分の1、中小企業や企業グループはそれぞれ3分の2、4分の3の補助率を検討している。

事業は「日ASEAN経済産業協力委員会(AMEICC)」の枠組みを活用。供給網確立には複数年を要するため、政府からAMEICC事務局へ拠出する方法で進める。

経産省は製造業の国内回帰を掲げる一方、グローバルなモノづくり体制維持と調達経路分散化を目的に、補正予算に「海外サプライチェーン多元化等支援事業」として235億円を計上している。

(2020/5/6 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる