新型コロナ/医療崩壊を防げ! ストレッチャー頭部被覆具、25時間で納入

(2020/5/8 05:00)

大阪中小7社、技術と思い結集

  • 大型ゴミ袋などシート素材と組み合わせ飛沫を防ぐ被覆具

木幡計器製作所(大阪市大正区)を中心とする大阪市内の中小企業7社が技術力を結集し、このほど感染症患者搬送用ストレッチャーの頭部部分に装着して飛沫(ひまつ)を防ぐ被覆具を作製した。市内の病院から相談を受け、パーツ加工、組み立てを行い、わずか25時間という短納期で納入した。新型コロナウイルス感染症拡大により、医療現場で防護具などが不足する中、モノづくり企業が駆けた。(大阪・坂田弓子)■総合1参照■

4月21日11時半、医療用計測器を製造する木幡計器製作所に病院から相談が舞い込んだ。同病院は新型コロナ感染症患者の受け入れを自治体から打診されたが、ストレッチャー用の被覆具が医療器具卸商社の在庫になかったという。

病院の焦りを感じ取った木幡巌社長はすぐさま、大阪商工会議所の「町工場ネットワーク」メンバーに無料通話アプリで拡散。近隣企業を中心に7社がウェブ会議で集まり製作が始まった。

加工材料は一から手配していては間に合わない。「うちの工場に厚みが合致するアルミニウム端材がある」と土井商店(大阪市大正区)がフレーム材料を用意。光機械工業(大阪市大正区)が形状と厚みに合うネジを探した。切断や曲げ、穴あけを泰製作所(大阪市港区)が担い、万一にもシート素材が破れないよう、南歯車製作所(大阪市港区)が念入りにバリ取りを施した。

その後、木幡計器と西村鉄工所(大阪市大正区)がとりまとめ、翌22日、集まれる関係者が池田鉄工所(大阪市大正区)で組み立て、11時半にテストを完了。12時半に病院へ持ち込んだ。

各社は今回の病院からの依頼を無償で引き受けた。木幡計器製作所の木幡社長は「こういう時期だから、医療に貢献したいという思いを持つ企業は多い」と語る。

大阪府が模索する経済活動の段階的解除において、医療崩壊を起こさない体制整備は必須。製造業は、医療の最前線で働く人の安全性を下支えすることができる。

(2020/5/8 05:00)

西日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる