新型コロナ/エス.ラボ、フェースシールド量産 3Dプリンターで月4万個

(2020/5/12 05:00)

  • エス.ラボが3Dプリンターで量産する「飛沫防止用フェイスシールド」

【京都】エス.ラボ(京都市伏見区、柚山精一社長、075・634・9577)は、独自のペレット方式3Dプリンターを活用し「飛沫防止用フェイスシールド」の製造を始めた。慶応義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボが協力し、医療関係者の声を反映してデザインした。一般的な3Dプリンターと比べて造形時間が10倍速い新開発の量産技術を採用。現有設備で月4万個生産できる。

新型コロナウイルス感染拡大により、医療現場では感染防護具が不足している。そこで、市場で金型を用いた大量生産が立ち上がるまでの“つなぎ役”として3Dプリンターで社会貢献する。不足物資の状況に応じて造形物は臨機応変に対応する。エス.ラボは3Dプリンターのベンチャー。

同シールド5万個超を生産できる材料を確保済み。価格は1個当たり700―800円程に設定する方針。初期生産の200個は京都府長岡京市に寄贈した。

一般的な3Dプリンターは造形時間が長く、専用材料で高額なため量産に不向きとされる。だが、同社独自開発の3Dプリンターは大量生産するプラスチック品向け樹脂ペレット材が使え、低コスト生産できる。加えて、同プリンターを複数台連動して高速造形できる新しい量産技術「3Dプラント」を採用。シールドのフレーム部の造形時間は1個当たり6分と短い。

同シールドのデザインは、3Dプリンターで製造することを前提に設計している。医療関係者の「メガネや鼻に当たらないが、シールドと口の距離は近い方が良い」という要望に応え、3Dプリントならではの湾曲した形状にしている。

(2020/5/12 05:00)

西日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる