産業春秋/HDDの成熟

(2020/5/14 05:00)

HDD(ハードディスク装置)の新商品発表を目にする機会が、めっきり減った。世界的な再編でメーカーが集約されたせいもあるが、それ以上に技術進歩のスピードが落ちているからだ。

過去に年率数十%という驚異的なHDDの容量拡大を主導してきたのは、ノーベル賞を受賞したGMR(巨大磁気抵抗)技術。だが、それも限界に達した。加えてパソコンなどの主記憶装置が急速にSSD(半導体ドライブ)に移行している。

同じITでも、高速通信は急速な進歩が続いている。第5世代通信(5G)は現代の社会変革の先導役だ。高速演算は半導体チップの微細化こそ鈍化したものの、それを補う複数コアの並列運用によって能力向上が続く。

かつては大容量記憶もこの隊列に伍(ご)した能力向上の花形。HDDは部品から完成品まで多くの日本企業の業績を押し上げた。それが、いまや地味な存在になってしまった。

しかし「HDDが斜陽になったわけではない」と消息筋。パソコン搭載の縮小で数は減ったが、データセンター向けは好調で、容量ベースで見ると増えている。技術的な伸びが減速すると陳腐化に直結しやすいIT関連機器だが、成熟してなお成長するHDDは珍しい例なのだそうだ。

(2020/5/14 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる