新型コロナ/阿部機械、社員の腕磨く 仕事量減の今こそ…

(2020/6/22 05:00)

  • コロナ後を見据え、今は爪を研ぐ時

【川崎】阿部機械製作所(川崎市宮前区、阿部義和社長、044・977・3637)は、雇用調整助成金の特例措置を使い、新型コロナウイルス感染症拡大による仕事量減少により生まれた空き時間を社員の教育機会に充てている。これまで品質管理や測定機器の取り扱いの講義を設けた。阿部社長は「こういう機会だから明るく仕事をやっていきたい」と、社員が前向きになれる工夫をしている。

阿部機械製作所は医療部品やシールドケースなどの精密部品の切削加工をする。取引先の需要が落ち込み、同社への受注も3月から徐々に減少していった。

雇用調整助成金は教育訓練を実施した企業に助成金が加算される特例措置がある。そこで阿部社長は、普段は仕事に追われてできていなかった教育機会を設けることにした。従業員の要望も受け、初回の5月26日は国際標準化機構(ISO)や品質管理への理解を深めるため外部の講師を招き、従業員全員が作業を止めて終日講義を受講した。

6月4日には2019年度に入社した新入社員2人を対象に、社内の大手測定機器メーカー出身の講師が測定機器の取り扱いを教えた。各講義には上級者向けなども設定。今後は従業員の意見も参考に、CAD/CAMなどの講義も検討している。

残業代が減ったことで落ち込む従業員もいたが、少しずつ会話も増えてきた気がするという。阿部社長は「コロナ収束後に応用できるような教育プログラムも作れれば」としている。

(2020/6/22 05:00)

東日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる