新型コロナ/都、感染症対策にロボ ビジネスホテルで実証

(2020/8/21 05:00)

  • スタッフの業務負担や感染リスクの軽減の効果を測る(THKなどの検温ロボット)

東京都は20日、新型コロナウイルス感染の軽症者を受け入れる宿泊施設を想定して、ロボットを活用する実証実験を27、28の両日に東京・浅草橋のビジネスホテルで実施すると発表した。ホテルでの清掃や運搬などの業務にサイバーダインやTHKなどのロボットを用いて、スタッフの業務負担や感染リスクの軽減の効果を測る。感染症の流行下での非対面、非接触の業務運営の知見を積み、一般のホテルや福祉施設での導入にもつなげる。

都は新型コロナウイルス対策で軽症者などを受け入れる宿泊療養施設を運営している。実証実験は、実際の宿泊療養施設と同じような構造を持つ「ホテルルートインGrand東京浅草橋」(東京都台東区)で実施する。客室や廊下、ロビーで清掃、検温、見守り、自動搬送などで九つのロボットを試す。

実証実験は都がロボットを使って社会課題を解決する取り組みの一環。NTTデータ経営研究所(東京都千代田区)が事業を受託し、ロボットの募集や選定、実証実験の企画や調整、実施を支援する。

ロボットの機能性や感染リスクの低減効果のみならず、宿泊施設での新しい形のサービス提供が社会に受け入れられるかも、問われることになりそうだ。

(2020/8/21 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる